【洗濯の仕方あれこれ】誰でも簡単にできる洗濯方法を伝授

私は洗濯が大好きで毎日3回以上は洗濯機を回します。肌着・シーツ類・タオル類は一緒にしていて肌着類は必ずネットに入れて生地に負担がかからないようにしています。

デニムは裏返して手洗いし、色あせ防止のため必ず陰干し

洗濯ネットにいれることで肌着が長持ちしますし、絡まりを防ぐこともできます。絡まりを防ぐことでゴムや生地の伸びやホックの壊れも防ぐことができます。ネットに入れるひと手間がかなり大切ということがわかりました。

その他のこだわりはデニムです。デニムは裏返して手洗いをしています。気になる汚れはもみ洗いします。デニムの色落ちの風合いと質感を保ちたいので、いつも柔軟剤は使用しません。干すときは、シワをのばし物干しにかた足を通し必ず陰干ししています。日向だとどうしても色褪せしてしまいますので陰干しでゆっくりと乾かします。

台所用洗剤は洗濯にも大活躍。ペン染みや食べこぼしの染みが落ちる

また、家には小さな子供がいるのでお絵かきの時のペン染みや外遊びの際の土泥汚れ、食事の食べこぼしが多く、時間が経ってしまうと落ちないシミになってしまいます。

そこでシミ対策として食べこぼしのように油が含まれている汚れには、台所用洗剤を使用しています。台所用洗剤には、料理のしつこい油汚れをキレイに取り除く効果があるらしいので衣服のシミにも活躍できます。

台所用洗剤をシミの部分に塗ってから10分くらい置きそのまま、洗濯機へ。落ちにくい場合はその部分を手洗いでもみ洗いします。また、非常に落ちないものには、私は台所用洗剤で油分を取って、塩素系漂白剤を部分的にスプレーします。

スプレーしたあとは10分程待ち、そのまま洗濯機へー。その後は通常通りです。ただし、塩素系漂白剤は色落ちの可能性があるので注意が必要です。

柔軟剤はフレアフレグランスを使用。香りがお気に入り

最後にこだわっているのは柔軟剤です。香りの強い香水よりも、ほのかな優しい香りの柔軟剤派です。これまで10種類以上色々試しましたが『花王 フレアフレグランス フローラルスウィートの香り』が一番好きな香りです。

効果的な使用方法として、洗濯機に柔軟剤は使用せず、大きめの桶に洗濯したものを移し、直接キャップ2杯程の柔軟剤を入れ洗濯物が浸るくらいの水を入れて30分置きます。

あとは、洗濯機でゆすぐだけです。洗濯物が柔らかく仕上がり香りもしっかりついて着た時にふわっと香り、一日中いい香りに包まれて過ごすことができます。冬場に起こる不快な静電気対策にもなります。

しっかり乾かしていますが生地がいつまでもしんなりふわふわ。静電気が気になりません。毎日洗濯をすることで私は気分もさっぱり清々しさを感じます。