服を長持ちさせるため、洗濯は素材に合った洗剤や洗濯方法で

私はどちらかと言うとあまり物を持ちたくない性分で、お洋服も例外ではありません。各シーズンで持ち合わせているお洋服も少ないため、同じ服を着回すのでどうしても衣類が早く傷みやすいことが悩みでした。

洗濯による服の傷みが悩み。洗濯マークを勉強してみた

その悩みをなんとかしたいと、まずお洋服をきちんも知るためにクリーニングのプロが執筆された洗濯の本を購入し知識を得ることから始めました。まずは洗濯する衣類の素材を知ることからです。

そこでほとんどの種類の衣類を家庭で洗濯できることを知りました。そして多くの衣類に付いているタグに表示された洗濯マークを知ることで、それぞれに合う洗濯方法や洗剤があることもわかりました。それ以来、我が家では衣類別に合わせた洗濯やお手入れをしています。

素材に合ったお手入れが大事。服に手をかけてやる

そうは言っても特別なことはほとんどありません。ジャケットやコートなど頻繁に洗濯やクリーニングに出せないものは外から帰った時にブラッシングをしてからハンガーに掛ける。ドライマークの服はそれだけをまとめて、洗剤もお洒落着用やドライマーク専用のものを使用し洗濯する。

家族の食べこぼしや襟や袖の汗ジミなど気になるところはそこだけ前もって漂白剤につけたり、専用の洗剤をつけて汚れをある程度落としてから洗濯をする。よりデリケートな衣類は洗濯ネットに入れて洗う。などなど、ほんの少し手を入れてあげるだけです。

専用の洗剤と書きましたが、汚れの種類によっては食器用洗剤やお化粧のクレンジング液など家庭にあるものが効果があるので、新たに高価な洗剤を購入する必要もありません。

服を長持ちさせるコツは、ほんの少し洗濯を工夫するだけ

あとは干し方にも少し工夫が必要です。脱水が終わるとなるべく早く洗濯機から取り出しています。これだけで衣類や洗濯槽のイヤな臭いは軽減できます。そして取り出す時タオルや衣類を1枚1枚バサッバサッと空気を入れたり整えながら、きちんと広げて洗濯カゴへ入れます。

何気ないことのようですがこれをやっておくだけでタオルは乾いた時にふわふわしてますし、お洋服はシワがつきにくくなります。シワがつきにくいとわざわざアイロンを頻繁にかける必要もなくなります。

私はこのやり方で随分と衣類の持ちが良くなりました。タオルは柔らかいまま長持ちするようになりましたし、何よりお洋服の傷みが減り、お気に入りを長く着れるようになったことはとても嬉しいことです。

そしてとても経済的であり、たかが洗濯のようですが良いことずくめであることに気づきました。何事もほんの少しの手入れと心がけ次第で、自分の暮らしも気持ちも豊かになり、今は毎日の洗濯がとても好きになりました。