簡単!洗濯物がシワにならない方法3ステップ

洗濯物といえば、トレーナーや部屋着ばかりではなく、ビジネスで使用するシャツやズボン、ジャケットなど様々な素材がありますね。洗濯でどうしても悩んでしまうのは、洋服のシワではないでしょうか?

シワにならない方法(1)衣類を綺麗にたたんで洗濯ネットに入れる

私もどんなに工夫しても、どんなに頑張ってもシワになることが多く、とても悩んでいました。シワがついた洗濯物に皺伸ばし剤をシュシュっとかけ、アイロンを何度もこれでもかというほどかけたりもしましたが、中々シワは伸びず…。

そんな時、義母が教えてくれた方法がとっても簡単で手間も最小限、その上効果もバッチリだったので、ご紹介しちゃいますね!その方法とは、まず、乾く前の服に工夫をします。洗濯機に入れる前に綺麗にたたみ、ネットに入れてから洗います。

こうすることで他の服と絡まることもなく、最低限のシワですみます。次に、普通に洗い→すすぎ→脱水と洗濯をし終えたものをすぐに取り出します(と言っても私は2時間くらい放置はザラですが(笑))。

シワにならない方法(2)洗濯後の濡れた服をたたんでしばらく放置

そして、ここが重要っ!濡れたままの状態で綺麗にしわを伸ばしながらたたみます。端を引っ張りながらたたむと裏も表もシワが伸びて綺麗にたたむことが出来ますよ。ここの出来が仕上がりに影響するので、頑張って出来るだけシワを伸ばしちゃいましょう。

そしてそのまま放置します。洗濯物の上に重りを載せると効果的です。私は本を載せてます☆そして、私の場合は1日放置して、次の日の洗濯物と一緒に干してます。そうすることでシワはほとんど綺麗に伸びてます♪

あとはそのまま干すだけです。1日程度では生乾きなどの臭いは気になりません。ちなみに、私が使っている洗剤はエマールかアタックです。基本はエマールで洗い、汚れが目立つ場合にポイント洗いでアタックを使うことが多いですね。

シワにならない方法(3)ゆっくりと乾かせばノーアイロンでOK

特に我が家には0歳児の子供がいるので、服にウンチが漏れて付くことが多くあります。そんな時にアタックをつけて洗濯板でゴシゴシと洗ってます。洗濯物の生地を傷めないことも服を綺麗に長持ちさせるコツです♪この2つの洗剤を使っていて、生乾きの臭いが気になったことは特にないですね。

そして、軽くたたむことでシワが伸びた洗濯物を日陰に干し、ゆっくりと乾かします。この方法で乾かしてから、シャツへのアイロンかけは必要なくなりました。

ポイントは、洗濯物が濡れている時に、しっかりとシワを伸ばして仮にたたむこと。洗濯物だけの重みでは中々シワは伸びないので、洗濯物の上に本などの重りを乗せること!そして、ゆっくりと乾かすことです。ぜひ試してみてくださいね~☆