エマールで洗濯しちゃダメだった?アンゴラ混ニットが縮んだ話

私が洗濯でしてしまった失敗は、今から4年ほど前、買ったばかりだったアンゴラ混のニットロングカーディガンを自宅で洗濯して縮ませてしまったことです。その失敗を引き起こしたのは私です。

【おしゃれ着用洗剤エマール使用】ドライマークのカーデを自宅で水洗い

カーディガンの洗濯表示にはドライクリーニングマークが付いていたのですが、おしゃれ着用の洗剤(エマール)を使用すれば自宅でも洗えるのではないかと勝手な解釈をしました。

ドラム型洗濯機を使用して水洗いしてしまったところ、完全に縮んで着ることが出来なくなってしまったのです。まるで、子供服かと思うような、一回り小さいサイズに変貌を遂げてしまいました。

ニットの洗濯で失敗をしたのは、これが初めてでした。それ以降も一度もありません。というより、そのときの経験がとてもショックだったので、それ以降は似たような衣類は家庭の洗濯機では洗わないようにしています。

【無印良品のアンゴラ混カーデ】縮みは元に戻らず、泣く泣く処分

洗濯が完了して、ハンガーに干そうとしたときに、失敗したことにすぐに気付きました。その服は特に高級ブランドなどではなく、無印良品で購入したものでした。しかし、私の持ち物の中では比較的高価な服だったのです。しかも購入したばかりでまだ2~3回しか着用しておらず、とてもショックを受けました。

なんとか着られる状態にならないかと思い、大きさを元に戻そうと干すときに引っ張ってみたり、アイロンのスチームを当てたりして対処しました。しかし、残念ながらまったくサイズに変化はなかったので、最終的には諦めて捨ててしまいました。

その後は、同じような失敗をしないように、まず、自分の衣類についてはニットでもアンゴラやウールなどの動物の毛の割合が高いものは、意識して購入しないように決めています。

自宅で洗える素材を購入。高価な衣類はクリーニングへ

買うときに素材をしっかりと確かめて、アクリルやポリエステル、あるいは綿ニットであれば、それまでも何度も家で洗濯をして失敗はしていませんでしたし、それ以降に購入したものも、無事に洗濯することができています。

そして、夫が購入したものについては、高価なものは無理して家庭では洗わずに、クリーニングに出すようにお願いしています。クリーニング代をケチったせいで、結果的に服を捨てる羽目になってしまったら元も子もありません。そこは必要経費と割り切るようにしています。

今思い出しても非常に苦い経験ですが、その後は失敗をしなくなったので、自分の家事スキルを高めるためには良い勉強になったのではないかと前向きに考えております。