おむつ洗濯はまさかの2回目。衣類とオムツを別々に置いて対策

自宅で洗濯をした際の失敗談について書きます。今回、私がやってしまった失敗はこれで2回目になります。

干すときに気づいたグミみたいな塊。ひょっとして、おむつ?

実際に何をしたかといいますと、うちには1歳になる女の子がいまして、その子の紙おむつを洗濯物と一緒に洗ってしまいました。洗濯機を回している時には、全く気づかずに、実際に気づいたのは干すときでした。

どんな状態になってたかといいますと、小さなグミみたいなかたまりが、やたら洗濯物に付着しているなぁという感じでした。色、においは無色透明で、それが何なのかわからない程度でした。

いざ、干そうと、ベランダでパンパンと叩いていると、叩いても叩いてもそのかたまりは取れない。これはおかしいなと原因を考えましたが、なかなか思い当たらず、長らく考えて、子供のオムツであることに気がつきました。

おしっこで良かった。ウンチだったらと考えるだけでゾッとする

なぜ、このような失敗をしたかというと、夕方、子供をお風呂に入れるときに、私は、リビングで子供の洋服を脱がせ、オムツも脱がせてすっぽんぽんにしてお風呂場まで連れて行きます。その時脱いだ服はパッとまとめて洗濯機に入れてしまいます。

なので、おそらく衣類をひとまとめにしたその中に、まさかの子供のオムツが混ざってたのでしょう。それを思い出した時に、自分のドジさにびっくりしました。まさか、オムツを洗濯機の中に入れるなんて。

2回の失敗で唯一救いだったのは、ウンチをしていなかったことです。たまたまです。2回ともオシッコだったのですが、これが、ウンチだったと思うとゾッとします。白色の衣類も多かった為、オシッコだったのが本当に救いでした。今後はこのような失敗は、二度としたくないと思いました。

おむつを洗濯しない対策は、必ず衣類とオムツを別々に置くこと

まさかの出来事が2回も続いてしまうと対策を考えないといけないと思い、次から間違えないようにどうしたらいいか考えました。それを実行するようになってからは、このような失敗はなくなりました。

何をしたかといいますと、単純なことですが、衣類とオムツは必ず別々のところに置くことにしました。一緒に置いてしまうと、そのまま洗濯機の中に入れてしまう可能性もあるため、必ず、別々のところ置くことを自分の中で決めました。そうすることで、未然に防げるようになり、失敗はなくなりました。

小さな子供さんをお持ちのママ達は、色んな失敗もあるとは思いますが、オムツを洗濯機の中に入れてしまうと、大変なことになりますよ。気をつけて下さいね。