使用済みオムツを洗濯機へ…衣類に付いた吸収剤を取って洗い直し

私は30歳の主婦で4か月の娘がいます。娘が2か月の頃、娘の使用済みオムツを洗濯物と一緒に洗ってしまいました。なぜそんな事が起こったのかというと、前日の夜に娘をお風呂に入れた際、娘の服と脱いだ使用済みオムツを一緒にまとめて放置していたからです。

ショック!娘の使用済みオムツを洗っちゃった

放置していた服にオムツが隠れてしまい、次の朝、洗濯機に放り込んだ際に一緒にオムツも回してしまったようです。洗濯を終えて洗ったものを洗濯かごに入れてる時に、くたくたになったオムツが出てきてびっくりしました。

オムツは破れていて、水を吸った吸水材がジェル状になって洗濯物に絡みついてしまっていました。洗濯物以外のものを洗濯してしまったのはこれで2回目。iPhoneの純正イヤホンを洗濯しちゃった次にショックでした。

洗濯物を干そうとするのですがジェル状の吸収剤が細かくて、払っても払っても出てくる状態でした。これでもかというくらい払ったのですが、目には見えないものの、床に敷いた新聞紙に吸収剤が落ちる「パラパラ」という音がいつまでも聞こえました。まだまだ吸収剤が付着してるんだなと分かりました。

オムツの吸収剤は乾くとふわふわに?エチケットブラシで対処

娘の服にもくっついてなかなか取れず、こういうものが直に肌に触れた時に大丈夫か不安だったので、ある程度払ってから洗濯し直す事にしました。そんなに吸収剤がついてないなと感じた衣類は普通に干したのですが、乾いた時にふわふわした埃みたいなのが出てきたので、それが乾燥した状態の吸収剤だったのかもしれません。

そのふわふわしたモノは、エチケットブラシで取って対処しました。洗濯終了からオムツを洗った事に気づいて吸収剤を払って洗濯し直すまでに1時間半くらいかかってしまって、その日の午前中は疲れてしまいました。

洗い直した衣類は、吸収剤がだいぶ落ちたと感じましたが、乾いた時にふわふわした埃がやはり出てきたので完全には落とし切れてなかったのかなと思います。

オムツを洗濯した悲しい出来事で、ズボラな性格を反省

娘の使用済みオムツが便じゃなくて良かったと心から思いました。そもそも私がズボラじゃなければこんな事も起こらなかったんだろうなと反省しました。それから数日は外したオムツはすぐオムツ用のごみ箱に捨てるようにしていましたが、最近私のズボラさが戻ってきて、また放置気味になってきています。

それ以来、洗濯物以外のものを洗濯してしまった事はないのですが、そろそろオムツを洗っちゃった悲しい記憶が薄らいできていたので、この文を書く事によって思い出し、また気を付けようと思えたので良かったです。